シェアオフィスを利用するのは、起業したばかりの人や少人数で経営しているベンチャー企業というイメージがありますが、最近では、本社事務所が別の場所にあり、支社のような感覚でシェアオフィスを利用する企業も出てきています。
シェアオフィスは都心の便利な立地にあることが多いので、営業活動の拠点として使っていたり、また、様々な会社が利用しているため、社員同士の交流の場となって、情報を収集できたり、刺激を受けることができる、というメリットもあります。
こういった目的でシェアオフィスを利用する場合、個室タイプではなく、あえてオープンスペースのシェアオフィスを選ぶ会社が多いようです。セキュリティー対策には十分配慮する必要がありますが、初期費用が抑えられ、契約と同時に仕事をスタートさせることができるのも大きなメリットです。また、不要になった場合には、撤退しやすいという理由もあるようです。
ノマドワークという言葉は、個人だけではなく、企業にも当てはまりつつあるのかもしれません。